映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

フリンジ 第4話 監視人 “THE ARRIVAL”

FRINGE / フリンジ 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray]

スクリーン特集サイト

ニューヨークの建設現場で大爆発が起こった。ブロイルズは、現場で発見されたシリンダーの調査をオリビアたちに命じる。その怪しげなシリンダーは、周囲が崩壊しているにもかかわらず無傷なままだった。捜査を始めるビショップ博士と、しぶしぶのピーター。オリビアは一連の事件に信じがたい共通点があることに気づく。それは、いつ現われるとも知れないその謎の物体が鍵を握っているかのように見えた。




以下ねたばれあり

怪しいスキンヘッド登場!わくわく!

誰か殺したりとか何もするわけではないのですが

威圧感バリバリ。(表現で歳がばれますね)

このスキンヘッドな彼、あまりに人間的ではないので

勝手に宇宙人かと考えております。

まさかロボット?

彼が冒頭のダイナーで食べたものがすごかった。

ハラペーニョと常温の水、ローストビーフサンドイッチ、

これに黒コショウをひと瓶ぶっかけ、

その上タバスコを大量にふりかけて食べておりました。

どうも味覚障害らしい。

その上、彼が書く文字は謎の文字で…。

きっと、地球上にある文字ではないのでしょう。

暗号なのかな?

このスキンヘッドな監視人は、ウォルターと知り合いで

それもウォルターが昔、自動車事故を起こした時に

息子のピーターと共に命を救ってくれた恩人だというのです。

ウォルターは、今回はその時の恩返しをしなければ!と

思って、誰にも内緒でシリンダーを隠したようです。

ここで疑問が…

スキンヘッドの監視人がウォルター親子を助けたのは

偶然だったのか?

まさか未来で自分が助けてもらうことがわかっていたから

助けたということはないよね?

今回登場したのが、地中から突如地上に現れたシリンダー。

(そのせいで建設現場で大事故が!)

このシリンダーを見て、スキンヘッドの監視人は、

"It has arrived." 「到着しました」とどこかへ電話。

なんとこのシリンダーも、ウォルターが研究していたもの

に関連していたことが判明!

地底から自由に攻撃出来る兵器を開発していたようです。

普段は地下深くにもぐっているけれど、指示を受けると

地球上のあらゆる場所へ向かって掘り上がって地下から

攻撃するという恐ろしいものらしい。

空からの攻撃ならレーダーがあるけれども

地中から攻撃されたらひとたまりもありませんね!

これを見て実際に作ろうと思う人が出てきたら怖い!!

最初、あの監視人のスキンヘッドのおじさんは

シリンダー担当者なのだと思っていたけれども

よくよく見なおしてみたら、パターンの事件現場に

全て現れている様子。

それも防犯カメラなどにカメラ目線だったりするから可笑しい。

最後にシリンダーがまた勝手にずんずん地下にもぐっていって

しまうのですが、その場面をしっかり監視していたスキンヘッド氏。

"Departure is on schedul."「予定通り出発です」

とどこかに電話連絡しておりました。

これから毎回登場するのでしょうか?監視人?

というよりも、実は初回からずっと登場していたらしい。

(見るのが面倒くさいので、確認はしていないのですが…)

まずは、第1話では Massive Dynamicのビルにいたらしい。

第2話では、監視カメラの映像もありましたが、あの病院に。

第3話では、あの駅に。

毎回出るのであれば、出来れば偏食な様子を紹介してほしいなー。

ココアに10杯砂糖を入れて飲むとか。

お茶目な監視人として人気が出そうな気もします。(^_^;)