映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

HAWAII Five-0 #2 家族 Ohana

オフィシャルサイトより

ローランド・ラウリーという男が誘拐される事件が起こる。マクギャレットたち特別捜査班が事件を担当することになり、ローランドは米空軍の大将に会いにいく途中だったことが判明。さらに、犯人グループの一人が怪我をして逃走していることがわかり、その男の足取りを追う!

以下ネタばれあり

今回は、それほどハラハラドキドキはなく

この手のドラマを見ている人にはお馴染みパターン。

テロリストの手に渡ったら大変!という代物を発見した男性が

その装置(コンピューター)とともに誘拐される。

味方だと思っていた被害者の知人が、実は犯人グループの一味で

ひょんなことから気付いた捜査員も拉致される…という展開。

被害者ローランド・ラウリーの息子エヴァンを引き取りにきた

ナタリーをイワナ・ミルセヴィッチが演じていたため

“犯人グループのメンバーだろうなあ…”と。

(目が鋭すぎる!)

ハッカーな知人(たいてい変わった人)に協力してもらうところで

映画「ダイハード4.0」っぽい展開だなと思いながら観る。

でも、いいんです。

ハワイですから。

オフィシャルサイトでも紹介されていますが、

今回もロケ地にヒルトン・ハワイアンヴィレッジが使われていました。

ローランド・ラウリーが誘拐された場所がホテルのラグーン近辺。


大きな地図で見る

その後、犯人グループの1人セルゲイ・イヴァノヴィッチ

ホテルに逃げ込み、屋上で倒れているのを発見した場所も

上記に写っているホテルの屋上が使われていました。

ダニー・"ダノ"・ウィリアムズが、スティーヴ・マクギャレットの

自宅にお土産として持ってきた“ドーナツみたいなもの”は、マラサダでした。

大好きです!

そして、マクギャレットの家として撮影に使われた場所は

Bayer Estate in Aina Hainaのようです。

↑↑リンク先に関連記事があります。


大きな地図で見る

マクギャレットが泳いでいる…かも。