映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

種まく旅人〜みのりの茶〜

種まく旅人~みのりの茶~ [DVD]

Amazonより

農林水産省官房企画官という身分を隠しながら、日本各地の農家の本音を聞いて回る大宮金次郎(陣内孝則)。

そんな彼に大分県臼杵市役所の農政局長として、省が開発した農薬を普及させよとの辞令が下る。

着任早々、無農薬栽培に切り替えた旧知のお茶農家の主人・森川修造(柄本明)と農業話で盛り上がるが、その翌日に彼が心臓発作で入院。

孫娘みのり(田中麗奈)が修造の代わりを努めようとするが、農業のノウハウなど何も知らずに途方にくれる。

以下ネタバレあり



素晴らしい日本映画を久々に観た。

ハリウッド映画や海外ドラマの二番煎じのような作品が多い昨今、

こんな素敵な作品もあるのだなと、感動した。

最先端のCGアクション大作など、日本人はあまり求めていないはず。

(どんなに頑張っても所詮、ハリウッド作品のスケールには負ける!)

日本人の心に響く、こんな作品を待っていた。

ストーリーはともかく、キャスティングが素晴らしい。

実は、陣内孝則さん、癖がある話し方やオーバーアクションのイメージがあり

バラエティ寄りの俳優さんだと思っていたが、今回の役に見事にはまっていた。

二つの顔を持つ“金ちゃん”を見事に演じ分け、コミカルかつ、感動も。

普段よりかなり痩せられていたが、役のためにダイエットされていたようだ。

痩せたことで、若々しい“金ちゃん”役が、さらにはまったのだと思う。

また、役所で働く吉沢悠さんも、当たり役だった。

金ちゃんに強く当たり過ぎ、とも思ったが、

仕事でのうっ憤等もあってのことだと思うと納得。

田舎の役所の真面目な青年がぴったりだった。

現実には、こんなに上手くいくことは無いとも思う。

けれども、挫折し行くあてがない時でも、新しいものに挑戦していこうという

勇気をくれる作品だと思う。

また、茶畑の緑の景色が美しい。

青葉が観る人を癒してくれるような気がする。

都会暮らしの人には、田舎暮らしの密接さが苦手な人が多いだろうが

人が集まって協力しあって生きていく狭い社会も、良い勉強になると思う。

監督は、映画の舞台でもある大分県臼杵市出身の塩屋俊。

残念なことに、今月5日、急性大動脈解離のため仙台市の病院でお亡くなりになられた。

ご冥福をお祈りいたします。