映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

シカゴ7裁判 The Trial of the Chicago 7 (2020)

The Trial Of The Chicago 7

 Wikipediaより概略抜粋

1968年8月28日、イリノイ州シカゴで民主党の全国大会が開かれていた。

会場近くのグランド・パークでは、ベトナム戦争に反対する活動家・市民が

デモのために集結しており、その数は1万5000人を超えていた。

一部の参加者が民主党大会の会場に押しかけようとするが、警官隊はそれを制止。

また、警官隊がデモ参加者を警棒で殴ったり、催涙ガスを発射、

怒った参加者が石やビンを投げるなどして応戦した。

双方合わせて数百名の負傷者を出し、暴動を扇動した容疑で告訴された

デモ参加者7人は、シカゴ・セブンと呼ばれるようになる。

 

以下ネタバレあり

 

 

映画登場人物と実際の人物を紹介する動画

アビー・ホフマンが、そっくり。

 

史実なため、裁判結果はわかっているがが、ジュリアス・ホフマン判事の偏った

裁判にイライラ・ハラハラさせられたり、アビー・ホフマンのコミカルなシーン、

告訴されたメンバーらの心情も丁寧に描かれており見ごたえある作品だった。

この時期に公開ということで、完全にアカデミー賞狙い。

きっと、どこかの部門でノミネートされるのだろう。

 

シカゴ7+ブラックパンサー

アビー・ホフマン:青年国際党(イッピー)の共同創立者

ジェリー・ルービン: 青年国際党(イッピー)の共同創立者 左翼主義活動家

デービッド・デリンジャーベトナム戦争終結運動(MORE)のリーダー 平和主義者

トム・ヘイデン:民主社会学生同盟 反戦活動家のち政治家・作家他 女優ジェーン・フォンダの元夫、3番目の妻は女優のバーバラ・ウィリアムズ

レニー・デイビス民主社会学生同盟 反戦活動家 その後、新興宗教Divine Light Missionスポークスマンに

ジョン・フローイネス:反戦活動家 化学者

リー・ウィンナー:活動家

ボビー・シール:ブラックパンサー党 公民権運動指導者

 

 

スティール・ディス・ムービー

2000年公開 “STEAL THIS MOVIE” アビー・ホフマンを主役にした映画

「LAW & ORDER:クリミナル・インテント」のロバート・ゴーレン役で有名な

ヴィンセント・ドノフリオが、アビーを演じている。

双極性障害に苦しみ、1989年に自殺したと言われている。

 

 

シカゴ7が無罪を勝ち取った日の映像。映画と見比べるのが楽しい。

 

 

ブラックパンサーのボビー・シールの最近のインタビュー映像。

お元気そうで何より。

Barbeque'n with Bobby

最近は、講演活動のかたわら、バーベキューのレシピの本やソースの販売も

手がけているよう。

 

映画撮影裏側

マイケル・キートンが演じた、ウィリアム・ラムゼイ・クラーク司法長官が

カッコ良い存在だった。

大好きなジョセフ・ゴードン=レヴィットの演じたリチャード・シュルツ検事も

敵対する相手とはいえ、筋の通った人物でほっとする。

 

 

【映画ロケーション】

 

 トム・ヘイデンが大学の講堂で話すシーンは、ニュージャージー

セント・エリザベス大学にあるHyland Hall(1F)で撮影されました。

上記↑にリンクした、大学の公式HPにHyland Hallの写真が紹介されています。

 

ジュリアン・ホフマン判事の事務室に使用された重厚感ある部屋は、

Fairleigh Dickinson Universityにて撮影されました。

大学の公式HPで撮影に関する紹介ページがあります。

また、大学のFacebookでは、撮影時の画像が沢山公開されていますので、是非!

上記、youtubeの動画は、映画のSet DecoratorであるAndrew Basemanへの

インタビューです。(大学公式Youtubeチャンネルです)

 

 裁判所入口 ニューアーク市(ニュージャージー)の市庁舎

 

デモの群衆と警察の一触即発のシーン。

大勢の警察官の背後にそびえたつモニュメントは、シカゴのグラントパークにある

John Alexander Loganのモニュメント

 

警官たちに押され、店のガラス窓を割るシーン。

Dino & Harry's Steakhouse :リンク先では、店内のバーチャルツアーが楽しめます。