映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

好きにならずにいられない Fúsi Vergin Mountain(2015)

好きにならずにいられない(字幕版)

アイスランドの空港で働く43歳独身のフーシ。

シャイで大男のフーシの唯一の楽しみは、同じ趣味の友人と、戦車や兵士の

フィギアでジオラマを作り、遊ぶこと。

ある日、母と母の恋人にすすめられてダンスレッスンへ行き、金髪で小柄な女性

シェヴンと出会う。気さくで陽気なシェヴンに惹かれていくフーシだが、

彼女はある問題を抱えていた…。

 

以下ネタバレあり

 

 

Amazon Primeのあらすじ等を見て、観始めた。

日本向けの映画ポスターが、映画の雰囲気と真逆で残念だった。邦題も。

フーシの心の清らかさや、悲しさなどを表現してほしかった。

“43歳、デブ。オタク。ドウテイ。”

カタカナで書くのも、ポップなデザインにしているのも、違っている。

映画を実際に観たのだろうか?

 

映画は、主人公フーシの一途な恋を描きながら

偏見、職場いじめステレオタイプ精神疾患等の重いテーマも上手に

描かれている。

ヒロインのシェヴンと出会ってから、フーシが変わっていく様子を

応援しながら観ていた。

 

フーシのアパートに引っ越してくる少女Heraを演じているのが

監督のダーグル・カウリの娘Franziska Una Dagsdóttir(撮影当時8歳)。

 

 

シェヴンがリクエストした歌が、 ドリー・パートンケニー・ロジャース

有名なデュエットソング "ISLANDS IN THE STREAM"というのが面白かった。

ダンスレッスンも、カントリーのラインダンスの教室だったので、

 シェヴンは、カントリーソング好きだという設定なのでしょう。

 

 

【映画ロケーション】

 

 空港シーン ケプラヴィーク国際空港

 

ダンスの後、シェヴンといくレストラン:Thai Style

同じ名前のレストランがあったが、ここだろうか?

内装などは、ネットで調べたが確認出来なかった。

 

ペイントボールのシーン

映画に映っているピラミッドのような建物が確認できる。 

レイキャビクでの撮影だと書かれていたので、ここだと思います。

 

シェヴンから一緒に住まない?と誘われた寿司店(SUSHI the train)。

3店舗あるうち内装は、この店舗 ”Reykjavíkurvegi 60”が一番似ている気が。

ただ、店を出た後の撮影ポイントが確認できず。ココではない可能性もあります。

 

 

第14回トライベッカ映画祭で作品賞・主演男優賞・脚本賞受賞他、様々な

映画賞を授賞している作品。