映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

プロディガル・サン 殺人鬼の系譜 #13 モンテ・クリスト伯の正体 Prodigal Son Wait & Hope

Prodigal Son: The Complete First Season [Blu-ray]

休みを取りバカンスを計画したマルコムは、母の手配でギルの車で空港に向かう

ことになるが、事件発生の連絡が入り、ギルと共に事件現場に向かう。

被害者は、元検事ジュールス・コナー。火打石銃”フリントロックピストル”で

射殺され、腕には「モンテ・クリスト伯」の登場人物であるVillefortの名が刻まれ

ていた。

 

以下ネタバレあり

 

 

【ドラマ ロケーション】

 

マルコムの家の前でギルがお迎えに来ていたシーン 

 

遺体の下に地雷のトラップがあった事件現場:グラマシー・パーク側

地雷が爆発する直前、窓を撃って、外に飛び降りるマルコム。

窓の下には、ギルの愛車が!

 

テイラー家のお屋敷兼披露宴会場:Sleepy Hollow Country Club内の建物

 

 

 

モンテ・クリスト伯 巌窟王

今回の事件は、犯人がターゲットらに「モンテ・クリスト伯巌窟王)」の

主人公のように冤罪+恋人と引き離される、という被害者だという設定。

モンテ・クリスト伯、といえば、別人となって現れ、復讐すると言う内容なので

その時点で、カル・テイラーの事故死した元恋人が犯人と気づいてしまう

展開が少し残念だった。

 

 

モンテ・クリスト伯は、サイレント映画の時代から何度も映画化された

アレクサンドル・デュマ・ペールの小説だが、

実はモデルがいたということを、今回ネット検索をして初めて知った。

ピエール・ピコー 19世紀にフランスのニームにいた靴職人だという。

事実も小説と同じようなドラマチックな展開で驚いた。

個人的には、2002年の映画が大好き。

日本でも、2018年に「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」というドラマが

あった。桜井ユキさん目当てで観ていたことを思い出した。

 

 

主人公の実家がお金持ちという設定なので、豪邸等のシーンも毎回楽しみ。

今回の犯人のターゲットが、アメリカの王族と呼ばれているほどの

リッチな家の息子の結婚式ということで、楽しみにしていたが

それほどではなかった。(ジョーブラックをよろしく、ぐらいの豪邸での

パーティーを期待していた。)

ジェシカのドレス姿は、毎回だけれど、今回はダニのセクシーなドレス姿が

楽しめた。

エインズリーが母のために、母がテイラー家の結婚式に招待されるように

裏で尽力していたことがラストでわかり、ほっこり。

何だかんだと父マーティンの協力もあったり。

ウィットリー家の結束力を感じる回だった。