映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

FBI:Most Wanted~指名手配特捜班~ #3 悲しみの暴発 Hairtrigger

f:id:murton-09:20210407130357p:plain

ニューヨーク州の暗い山道で、飲酒運転していた男が、追突事故を起こす。

被害者の運転手は、何故か弁償の申し入れを断るが、ちょうどパトカーが

通りがかり、警官は飲酒運転に気づき、加害者の男性をパトカーで待機させる。

警官が、追突された車のトランクを確認していたところ、被害者の男性が

急に怒り出し、警官を射殺。

パトカーにいた男性も射殺し、車を乗り換え逃走した。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

銃乱射事件に巻き込まれた被害者の学生が、のちに加害者となっていく

というエピソード。

 

 

①パインズ高校銃乱射事件

 被害者生徒:Doug Timmins(今回の犯人)

 何人もが犠牲となり、犯人は自殺するという事件に巻き込まれる。

 友人スペンサーが撃たれて怪我を負い、ダグが救助をしたことで、

 二人は固い絆で結ばれる。

 

誤報やデマ、陰謀論

 ネット上で、ダグが被害にあった銃乱射事件に関するデマや陰謀論

 まことしやかに広がっていく。

 ⇒ダグは、政府が乱射事件を引き起こしたと信じるようになり

  事件の日、警察の到着が遅れたことも恨んでいた。

 

③義理の妹への洗脳

 ダグは、妹のモリー(異母兄妹)に学校は怖いところだと恐怖を与え

 モリーは事件後から家庭学習を始める。

 ダグは、自分がモリーを守ると言い、妹を偏った思想に洗脳していく。

 

④友人の死

 銃乱射事件での怪我が原因で、鎮痛剤中毒になったダグの友人が

 薬の過剰摂取で、亡くなってしまう。

 ⇒心の支えが無くなる⇒スペンサーの名を遺す⇒テロ計画

 

⑤妹からの紹介

 大学生になったモリーは、カジノでアルバイトをしていた。

 店で、ギャンブル依存症で過激な思想を持つマイク・ケラーマンと出会い、

 マイクと兄ダグを引き合わせる。⇒ダグに仲間が出来る

 

⑥テロ計画

 陰謀論を信じる仲間3人で、政府関連機関でテロを起こす計画を立てる。

 ⇒ダグは追突事故に巻き込まれ、動揺し警官らを射殺。⇒指名手配犯となる。

 

 

アメリカは、何故あんなに陰謀論が広まるのだろう。

日本の場合は、せいぜい都市伝説扱いされて終わる話が

アメリカでは、信奉者が集まり、騒動に発展していく。

有名なところでは、あの大統領選の時の”民主党小児性愛と人身売買の

悪魔的カルト集団”というデマ。

そう考えると、今回のエピソードもありそうだなと思えてくる。

 

 

今回、ダグを演じたのは、子役出身の俳優チャーリー・ターハン。

先日、テレビ東京でちょうど「アイ・アム・レジェンド」が放送されていた

ばかり。さすがの演技力。

 

8/10点