映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ロースクール LAW SCHOOL 로스쿨 (2021) #7 #8

f:id:murton-09:20210416074050p:plain

 

#7 あらすじ

ヤン・ジョンフン教授の裁判で、ロースクールの学生のカン・ソルA、ハン・ジュニ

ソ・ジホらが証人として出廷する。

一方、チョン・イェスルは恋人コ・ヨンチャンからの束縛が悪化していく。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

第7話で判明したこと

 

カン・ダン(カン・ソルAの姉)

カン・ダンの手紙の内容は、“(ヤン・ジョンフン教授との)約束が守れず、

汚れた金に屈してしまった。”というものだった。

重要な証人だったが、大金で口を閉ざすことになったのだろか?

何故か、カン・ソルAは、教授から、姉の話をこれ以上聞いてしまうと、

期末の成績に響くぞ、と誤魔化され、何故かあのカン・ソルAが納得するという

不思議な展開に。

 

チョン・イェスルのDV彼氏

チョン・イェスルの恋人で、国会議員のコ・ヒョンスの息子である

コ・ヨンチャンの異常な束縛が判明。

学生寮の合い鍵を持ち(チョン・イェスルが渡していた)、勝手に出入りし

同室の女性がいないことが良いことに部屋に入りこんでいた。

部屋の目覚まし時計に、監視カメラをつけて、彼女を監視していたことも

判明する。

チョン・イェスルは、彼の暴力も受け入れ、顔が赤くなっていたり、

足を踏まれたまま、罵声を浴びても我慢し続けていた。

ちなみにコ・ヨンチャンは、一緒に受けたロースクールの受験で不合格となり浪人中。

  

ソ・ジホの父の死の真相

玩具会社の社長をしていたソ・ジホの父は、会社の商品に発がん性物質が混入

しているという偽情報が報道され、自殺に追い込まれていた。

ソ・ジホは、マスコミに漏らしたのは、亡くなったソ・ビョンジュ教授だと

考えていたが、実は、ジン・ヒョンウ検事だったことが判明する。

 

イ・マノ法

国会議員のコ・ヒョンスは、自分がイ・マノ法を発議したと学生らに公言するが

そのアイデアは、実は、カン・ソルAの姉であるカン・ダンのアイデアであり

コ・ヒョンス議員の選挙法違反を内部告発した人物だと、ヤン・ジョンフン教授が

説明していた。

カン・ダンは、議員からお金で口を閉ざすことになったのか?

それとも、何か他の脅迫を受けたのか?

 

新たな証人

ソ・ビョンジュ教授殺害を目撃した人物が、次回出廷することに。

恋人に脅されたチョン・イェスルが偽証をするようだ。

 

 

第8話へ続く ↓↓↓

 

 

 

第8話で判明したこと

 

検事ジン・ヒョンウを告訴

ソ・ジホとジュニは、2人の記者のもとへ出向き、検事を告訴すると言い

トイレで録音した記者たちの会話を聴かせる。

隠れて録音したものは証拠にならないと笑う記者らに、ソ・ジホの携帯で

今の会話を録音していたことを告げ、証拠になると説明し、立ち去っていく。

慌てた記者は、すぐに検事に連絡する。

 

証人探し

 

ヤン・ジョンフン教授のアリバイを立証できる人物を探しはじめる。

教授のノートパソコンを盗んだ男性を探し、防犯カメラでその人物が見つかるが

マスク等で顔が確認できない。

映像を見たキム・ウンスク教授は、男性が結婚指輪をしているのを確認し、

ユ・ソンジェだと気付いてしまう。

 

ユ・ソンジェ

ヤン・ジョンフン教授のノートパソコンを盗んでいたのは、ユ・ソンジェだった。

彼は、教授らのパソコンから、試験問題を盗み出し、好成績をあげていたようだ。

 

 

イ・マノ

イ・マノの家へ、ヤン・ジョンフン教授が訪ね、彼がカン・ソルAの実家の

近くに住んだのは、カン・ソルAの姉であるカン・ダンに会うためだった。

イ・マノの息子は、児童養護施設に預けられており、担当指導員がカン・ダン

だったと話す。息子は、カン・ダンを信頼し、連絡し合っていることを聞き、

カン・ダンから息子の居場所を聞き出そうとしていたようだ。

カン・ダンが、現在アメリカにいると教授から聞かされ、ショックを受ける。

 

チョン・イェスル

議員の息子のコ・ヨンチャンと付き合っていたチョン・イェスルは、

二人の性的な動画を公開すると脅迫され、ヤン・ジョンフン教授が

ソ・ビョンジュ教授を殺害するのを目撃した証人として裁判に出廷させられる。

途中までは、コ・ヨンチャンに言われた通りに証言していくが、

法曹人になるためにロースクールに入学し、教授を裏切り偽証しようとする自分を

気遣う教授の言葉を聞き、裁判中耐えられず、本当のことを話し謝罪する。

記者に追われたコ・ヨンチャンは、裁判所から逃げ出すが、

その夜、チョン・イェスルを学生寮の外に呼び出し、隠し撮りをした性的な

動画を流出しようとし、2人はもみ合いになる。

コ・ヨンチャンは、転倒後、頭を打ち付け、意識不明に。

動転したチョン・イェスルは、カン・ソルAに連絡をしようとするが、

ヤン・ジョンフン教授に止められる。 ~つづく~

 

 

(感想)

怒涛の展開の第7話、第8話。

議員の息子コ・ヨンチャンは、頭から出血はしていたが、死んではいないだろう。

チョン・イェスルは、罪に問われるだろうが、そもそもコ・ヨンチャンが

いわゆる“リベンジポルノ”(それも無断で録画していた)で脅迫し、もみ合った

状況での怪我なので、チョン・イェスルが退学したり収監されることはないだろう。

 

イ・マノの事情も少しわかってきた。

悪そうな表情をしていたが、事情がわかってからは、息子を探す父の表情に

変わっていった。

いかにもな悪人キャラだったが、裁きの剣が振り下ろされる時のキーマンに

なりそうな予感。

 

教授らのPCから試験問題を盗み取っていた(らしい)コ・ヨンチャンは

自分の罪を認め、証人になってくれるだろうか?

 

留年するわけにはいかないと試験勉強をするカン・ソルA。

手の甲を文具で刺して眠気と戦い、必死に勉強をしつづけ、試験当日に

鼻血を出し、ついに力尽きたが、答案は埋めてあったと知り、安心する。

どうか好成績を!

 

残りあと8話の折り返し地点。

もやもやする設定もあるが、とにかく悪い奴らを思い切りたたき斬ってほしい。

爽快なハッピーエンドを願っています。

 

 

 

 

 

撮影裏側:入学式 この後、あんな騒動が起こるとは誰もまだ知らず。

 

カン・ソルBの誕生日を祝う!?

学園ものは、撮影も楽しそうでいいな。