映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ロースクール LAW SCHOOL 로스쿨 (2021) #13

f:id:murton-09:20210416074050p:plain

Netflixあらすじより抜粋

ソ・ビョンジュ殺害事件で新たな逮捕者が出た後で、

残された謎を解き明かそうとするジョンフン。

イェルスの裁判では、陪審員たちが判決を下す。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【ドラマ ロケーション】

 

カン・ソルBの実家:La Centra

「SKYキャッスル」等、韓国作品のロケ地として使用されています。

 

 

撮影裏側

皆の可愛い表情に注目! カンソルBのピース✌

ピリピリした内容と正反対な明るい撮影現場。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

カン・ソルB論文盗用問題

ハン・ジュニ

 叔父ソ・ビョンジュの論文製作を手伝っていた。

 また、ソルB母から家庭教師を頼まれた事があり、ソルB母の気質を知っていた。

 ジュニは、母親の強要で盗用をしたと考え、ソルBに

 「学校側に盗用を認め、善処を求めろ。正面突破しろ。」と説得する。

盗用を認める

 ソルBは、学長とキム・ウンスク教授の前で盗用を認める。

 ハン・ジュニに説得されたと話す。

 父である副院長は、辞職願を出すと言っていたが、ソルBが止めていた。

 

 

チョン・イェスルの裁判

不当な侵害

・カン・ソルAは、パク・グンテ弁護士に協力してもらい

 動画流出を防ぐため、携帯を拾おうとしたコ・ヨンチャンを蹴ったのは

 彼女が”不当な侵害”をまだ受けていたからだと主張。

 彼女にとって凶器となる、ヨンチャンの携帯をイェルスが封じた時点で、

 ようやくイェルスへの不当な侵害が終わったのだと説明する。

判決:正当防衛

 BAD FAMA無罪の判決が同時に出たことで、コ議員の息子コ・ヨンチャンが

 関わるイェルスの裁判は注目されずに終わる。

ペ・シムウォン判事

 ヤン・ジョンフン教授の学友 学生時代、教授にフラれる。

 小細工が嫌いな正統派判事。

 今回の裁判で、連勝記録がストップ。

 控訴権の乱用を理由に、控訴をあきらめる。⇒イェルスは、自由。

 コ議員対応:息子コ・ヨンチャンのためだと伝言

       DVで訴えられないだけ幸いだ、と説明。

カン・ソルA,B 議員事務所クビに

 実務修習で採用されたが、息子の裁判が終わり、2人はクビに。

 クビになる直前、議員の後援会長がおもちゃ会社の社長だと気付く。

 大口の資金提供⇒ソ・ジホの父の会社のライバル

 

 

チン検事への起訴

ソ・ジホは、チン検事の被疑事実流出に関して訴える。

担当:イ検事

前回のチン・ヒョヌ検事の言葉 「法曹を目指すなら、実体的真実の追及を。」

カン・ソルB:(ソ・ジホの)お父さんの被疑事実公表で一番得をした人は?

コ議員が、後援会長(おもちゃ会社社長)に忖度?

 または、後援会長からの命令?

記者:チン検事と密会後、ソ・ジホを避けるように。

警察:ソ・ジホは、ヤン教授の誤認逮捕は、警察のずさんな初動捜査のせいと責め

   被疑事実流出が原因で、父が自殺したと訴えるが…。

ハン・ジュニ:実務修習担当がチン検事からイ検事へ。⇒書類作成

チン検事、被疑事実公表罪で起訴され裁判に。

チン検事:刑法第126条被疑事実公表罪の条項が違憲であると話し

     違憲法律審判を申請する。

 

 

ヤン・ジョンフン教授殺害未遂事件

容疑者:イ・マノ

 ヤン・ジョンフン教授の自宅へ忍び込み、帰宅直後の教授を襲い、

 椅子に縛り付け、注射を使い、薬物を使い殺害しようとする。

 教授は、イ・マノを蹴り、抵抗。

 防犯カメラの映像を見たハン・ジュニも助けに現れ、イ・マノは逮捕される。

 教授の「ソ・ピョンジュを何故殺害したのだ?」という問いに

 『息子のため』と答える。

協力者:チェ・ジェチョル

 刑務所の外にいた謎の人物

 足輪製造会社の元従業員

 横領で服役中、イ・マノと知り合う。

 イ・マノへの賠償金の山分け⇒アリバイ作りに協力

 コ議員の息がかかった大手弁護士事務所ソン・ギジュン弁護士が

 チェ・ジェチョルの弁護人に。

⇒イ・マノが、ソ・ピョンジュ殺害事件の容疑者として逮捕される。

⇒ヤン・ジョンフン教授の起訴取り下げ。警察の誤認逮捕。

弁護人:パク・グンテ弁護士

 真実を求めるヤン・ジョンフン教授の考えで

 パク・グンテ弁護士の事務所で実務修習を行っている

 ミン・ボッキとカン・ソルAが協力し、弁護を担当することに。

面会:ヤン・ジョンフン教授

 教授は、嘱託殺人であれば、罪が軽くなると話すが、

 イ・マノは何も話さず。

イ・マノ刺される

  イ・マノが腹部を刺され重傷。

 すぐに教授が病院へ向かうが、真相を伝えたのか否か?

 

  ~第14話へ つづく~

 

 

第14話予告

イ・マノを刺した人物:キ・ドゥソン

コ議員が、検事を説得?「国民の顔色をうかがっておけ。」

コ議員、息子と共に土下座。「チョンさんにご協力いただきたい。」

イ・マノの息子の写真?

 

 

 

イ・マノが以前、何者かのもとに出向いていたシーンがあったが

あれがコ議員の家?(議員部屋?)だったことが判明する。

イ・マノへ指示した黒幕⇒コ議員、と考えて良いのか?

 

でも…

 

キム・ウンスク教授が連絡を取り合うジェームス、

やはりイ・マノの息子っぽい。

と考えると、キム・ウンスク教授に裏の顔(というよりジェームスを守るため?)

があったらどうしよう…と心配。

 

カン・ソルAの姉カン・ダンがアメリカにいるというのは、

イ・マノの息子と一緒にいるのかもしれない。

(ジェームスとの会話は、いつも英語。)

 

でも、キム教授を怪しげに見せるための演出の可能性も大!

 

残り3話、まだまだ新事実が出てきそう。

真実が知りたいけれど、ドラマが終わってほしくない!

明日の夜、Netflixでは第14が公開予定。

 

 

ポスター撮影時の裏側 ヤン教授やっぱりカッコいい。