映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

ラブ・ハード Love Hard (2021)

Netflixよりあらすじ抜粋

デート事情を執筆しているLAの記者が、アプリで出会った完璧な男性。

クリスマスにアポ無しで東海岸へ飛んだはいいが、理想の彼はなりすましだった。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

映画を観た方なら気が付いたと思うが、タイトルのラブ・ハードは

ジョシュが好きなクリスマス映画「ラブアクチュアリー」と

ナタリーが好きなクリスマス映画「ダイ・ハード」を足したものです。

 

 

【映画ロケーション】

LAのナタリーが、アメリカを横断して東海岸を行くという設定ですが

Netflixの作品なので、やはり、撮影はカナダ(バンクーバー&バーナビー)。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jimmy O Yang(@funnyasiandude)がシェアした投稿

ジョシュの父が経営するスポーツ店:Nations Creations 

外観はほとんど映っていなかったと思いますが、外観・室内で撮影されたとのこと。

先住民族の工芸品等を扱っているお店のようです。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nina Dobrev(@nina)がシェアした投稿

 

 

Netflixは、毎年これでもか!というぐらいに(B級な)クリスマス映画を

公開していきます。

個人的には、クリスマス作品なので、ベタでハッピーでキラキラであればOKだと

思っています。

今回も、どうせB級作品だろうと観始めたのですが意外にドはまりして

最後は少し涙が出たほどでした。

ここ数年のNetflixクリスマス作品の中でも、秀作だと思います。

 

 

※ラスト ネタバレ注意!

 

 

ジョシュが好きなクリスマス映画として紹介される「ラブ・アクチュアリー」。

私も特にこのシーンは大好きです。

結婚した友人ピーターの新婦ジュリエットに片思いをしていたマークは

最後に彼女に気持ちを伝えようと、玄関先で聖歌隊の訪問のフリをして

彼女にメッセージボードで告白する、という名シーン。

 

最後に、このシーンを真似て、ナタリーがジョシュに気持ちを伝えて

ハッピーエンドになります。

名作を真似てのエンディングですが、これがとても素敵!なのです。

あのジョシュの目立ちたがり屋の兄夫婦も、家族と共に二人を温かく見守って

いました。

ジョシュの家のクリスマスイルミネーションがまた可愛くて!

映画を観てあたたか~い気持ちになりました。

 

 

個人的には、ジョシュの目立ちたがり屋の兄オーウェンを演じていたのが

GLEEのマイク・チャン役で有名な、ハリー・シャム・ジュニアだったことを

喜んでいました。

嫌な奴でしたが、そりゃ、歌いますよ!踊りますよ!

 

 

クリスマス好きな女子に是非!