映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

フェイシング・ザ・ジャイアント  Facing the Giants (2006)

フェイシング・ザ・ジャイアント [DVD]

高校のフットボールチームのコーチを始めて6年になるグラント・テイラー。

6年間、チームは1度も優勝することが出来なかった。

主力選手が他校に転校し、戦力が落ちる中、グラントは偶然に生徒の親達から

自分のコーチ解任の話が持ち上がっていることを知ってしまう。

家計も火の車で、人生に対する希望を失いかけたグラントだったが、神を信じ

神の指導のもと、チームを指導していこうと決める。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

メイキング映像

 

 

宗教色が強い作品のため、日本人の場合、好き嫌いが分かれる作品。

そもそも、この映画のキャストもクルーもシャーウッド・バプテスト教会

ボランティア構成されている。

映画の収益で、青少年センターを作りたいという計画もあったようだ。

ラストの州決勝戦の相手校のコーチは、シャーウッド・バプテスト教会

牧師であるジム・マクブライド氏(元レスラー)が演じている。

飴は、彼のアイデアだと書かれていた。

確かに、憎たらしい印象になり、良かった。

 

 

本人役で登場したのは、母校マイアミ大学の元ヘッドコーチとして有名な

Mark Richt氏。

先日、SNSパーキンソン病と診断されたことを公表している。

ちなみに彼の妹は、元アメフト選手(QB)のBrad Johnson氏の奥様。

 

 

※ネタバレ注意※

 

 

(ネタバレあらすじ) 

 

グラント・テイラーは、高校のフットボール部のヘッド・コーチ。

6年間の在任中、いまだチームを優勝に導けずにいた。

有力選手は、他校に引き抜かれ、転校してしまう。

家庭でも、お金に困り、家の修理も電化製品の故障も後回し。

7年目のシーズンが始まるが、3連敗したことで、選手らの親からコーチ退任の

話が出ていたことを知り、ショックを受ける。

 

落ち込む中、グラントは聖書を読み、神の力で選手らを導いていこうと決意する。

今までのコーチングを改め、選手らに神の指導の下でチームが勝利していくと

伝える。選手らに態度を改めさせ、親子関係も学校生活もうまくいくようになる。

 

生まれ変わったチームは、勝ち続け、州のプレーオフの出場権を得ることに。

 

コーチの指導のおかげで、息子との関係が修復された父親は、ボロボロのコーチの

車を見かねて、匿名で新品のピックアップトラックをプレゼント。

学校側もコーチの給与をUPし、家計が安定することで、妻は不妊治療を始める。

 

州の決勝戦

ディフェンディング・チャンピオンのリッチランドジャイアンツとの戦いは、

前半、点差を広げられるが、じりじりと点差を縮めていく。

焦ったジャイアンツは、意図的にキッカーを負傷させ、グラントは控えのキッカーの

デヴィッドを出場させる。彼は、サッカー部出身で、ロング・キックが苦手な選手。

残り2秒で1点差の中、グラントは、他のコーチが反対する中、デヴィッドに51ヤード

フィールドゴールに挑戦させる。

車椅子のデヴィッドの父ラリーが、ゴールの奥で自力で立ち上がり、デヴィッドを

励まし、神を信じ挑戦しようとするデヴィッドに、追い風が吹き、

デヴィッドがキックしたボールは、ゴールポストを超えていく。

ついに、チームは州大会で優勝する。

 

試合後、グラントは選手らを讃え、そして、神には不可能なことは無いと伝える。

帰宅すると、妻から妊娠を伝えられ、喜びの涙があふれる。

 

ラスト:2年後

グラントの妻は二人目の子供を妊娠中。

州大会の優勝カップが、二つ並んで飾られていた。

~終~