映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

オストラ -歌声を届けて- Jak zostac gwiazda Fierce(2020)

Netflixあらすじ紹介文

人気のオーディション番組に出演したティーンエイジャーが、素晴らしい歌声で一躍有名に。だが、彼女が本当に求めていたのは、番組審査員長である父親の愛だった。

 

以下ネタバレあり

 

 

 主人公オストラ(マルタ)を演じるのは、ポーランドのTHE VOICEに出場し

Justyna Steczkowskaがコーチとなり、決勝に進むが、惜しくも2位に

なったKatarzyna Sawczuk。

歌手としても女優としても活躍中。

 

 

(あらすじ)

マルタの父は、母を捨て田舎を飛び出し、現在は歌手として成功している

Olo Zawistowski(オロ)。そのオロが、音楽番組のオーディションで

マルタの住む町にやってくることになる。

オーディション会場は、奇遇にも母が勤める学校だった。

 

大勢がオロを取り囲む中、母はオロに覚えているか尋ねるが

オロは「知らない」と冷たく答え、去っていく。

頭に来たマルタは、審査席に座るオロに対し、悪態をつき、水をぶっかけて

立ち去る。

しかし、その様子がSNSで拡散され話題になり、番組側はマルタを

出場させることに決める。

 

会場のホテルで、母娘と再会するオロ。

オロは、金目当てだと思い、「いくら必要なんだ?」と言い出し

ショックを受ける母に代わり、マルタがオロを部屋から追い出す。

 

アメリカン・アイドル等の有名なオーディション番組のように

3人の審査員のうち、2人から合格を勝ち取れば、次に進める番組設定。

オロは最初からマルタ(オストラ)に背を向け、彼と付き合っている

エヴァ(Ewa Dykty :SNSの女王)も不合格のボタンを押すが

審査員のウルズラが、救済ボタンを押し、無事次に進めることになる。

 

歌の実力もあり、カリスマ的魅力があるマルタ(オストラ)は

話題のニュースターとなり、マスコミからも注目されるようになる。

マルタは浮足立ち、番組に出場している仲間とばかりつるみ、

支えてくれた親友に冷たくなっていく…。

 

 

 後半は、

・主人公の有頂天ぶり

 (注目を浴び、自信過剰になり、インスタ命に。親友を邪険に扱う。)

・父親であるオロの娘への感情の変化

 (反抗的な態度で挑む嫌な若造→才能を認める→過去の自分と重なる)

・邪魔が入る

 オロの恋人で審査員のひとりエヴァ(悪役)が、オロの秘密を知り、即

 プロデューサーへ報告。

・視聴率だけの番組サイド

 オロの秘密を番組内で暴露。主人公は敗退。

 

と、王道の起承転結を経てのエンディングを迎える。

 

 

右端の審査員は、本人役で出演したポーランドの有名なジャズ歌手兼女優の

Urszula Dudziak。代表曲は、“Papaya”。

 実際に、ポーランド版のTHE VOICEで審査員をしています。

 

ラストでは、エヴァやプロデューサーの残念な未来の様子が

紹介されています。きちんとスカッと出来るようなシーンもあって

ベタだけれど、とても楽しめた作品でした。